お詫びとご報告。

ご訪問ありがとうございます。

この時期としてはかなり、涼しいですが、
この数日に比べると若干、蒸し暑い我が家地区でした。

まずは、お詫びです。

拍手コメントを頂いていたのに
全く・・・、(本当に全然・・・)
気づいていませんでした。
ごめんなさい。


2017081701.jpg



そして、ご心配頂いている、
小雨さんの、お尻ですが・・・・、



2017081703.jpg



微妙なんです・・・・。



2017081704.jpg
(ポーズがほぼ一緒ですね・・・。)


今日、肛門周りの毛をカットしてもらって、
肛門の状態を確認したのですが、
もちろん、赤く炎症気味ではありますが、
微妙・・・。

再診するべきか・・・、
病院で触られることで
更に神経質になってしまうのではないか?

悩み中です。

どちらにしても
来週はワクチン注射の為に
病院へ行く予定ですので、
先生に相談しようかと思います。

コメントのことは
本当にごめんなさい・・・。

これ以外にも何かやらかしていないか、
心配なのですが、
悪意は全くありませんので、
優しく見守ってくださると助かります・・・。

これからも「我が家のワンコ」、
宜しくお願いしま~す。( `ー´)ノ
スポンサーサイト

お尻の具合。

ご訪問ありがとうございます。

湿度も程々で
過ごしやすかった我が家地区です。

その後の小雨さんの、
お尻具合ですが→★


排便時に鳴かなくなってきました。


2017072703.jpg


ご近所のワンコ飼い主さん達が
心配してくださいまして、
小雨さんを見かけると、
「出た?」と・・・・。


筋緩めマッサージ以外に、

お尻を綺麗にした後に
肛門に軟膏をつけてみました。


2017072702.jpg


そして、お散歩仲間の方々に
教えて頂いた

バナナ!

ほんの少しだけ
食事に混ぜてみました。

これが予想外に効果がありました。


2017072704.jpg


まだ排便を催すと
痛みの恐怖からか、
困った顔をして座り込んで
しまうことが多いので
お尻ケア対策は
もう少し続きそうです。

でも確実に改善に
向かっていますので
少し安心しました。

女優なのに。

ご訪問ありがとうございます。


3連休はどんな風に過ごされていましたか?



20170718-01.jpg



実は小雨さん、
便秘気味であまりにも辛そうなので、
病院へいったのですが、



20170718-02.jpg

あぁ~(/o\)


直腸に溜まっていたウ●チを
肛門に綿棒を挿し込んで(/o\)
ほぐして頂きました。



20170718-05.jpg




診察の結果
大腸に問題はなさそうなので、
まずは一安心です。




20170718-04.jpg



小雨さん、偉かったよ~。


神経質で過敏な小雨さん。
ビックリしたし、辛かったと思います。
(そして女優なのに綿棒・・・)


たくさんストレスかけてごめんね。(T_T)
小雨さんの身体トータルケアを頑張るからね。

詳細は本日2

我が家地区、
今日は朝から生憎の雨でした。

気温も下がったので、
大人しく自宅待機をして過ごしました。


さて、ドッグスキャン体験談の続きです。

次は、スザク君。
ヘッドホンを身体に装着します。

15-4-5-2.jpg

ソワソワする様子も無く落ち着いていました。

測定の結果・・・、

特に目立って悪いところは無し!

チワンズより何歳か年上なのですが、

この結果に、会社の人は、
「年齢から考えると凄いです。」と感動していました。

スーちゃんすご~い(*^_^*)

強いて問題点を上げるというと、
「寒い」と言うようなストレスがあるそうです。

この結果に飼い主さん、
「実は少し前に毛を刈り過ぎちゃったんですよ。」
って言ってました。

普段は殆ど裸族のスーちゃんですが、
珍しく洋服を着ているな~と思っていたのですが、
理由はそれだったんだ~(笑)

それと、アレルギー
「ポリエルテル」が出ていました。

実はチワンズもアレルギーでポリエステルが出ました。

今のところ3匹とも酷いアレルギー症状はないのでが
これからポリエステル系の物は、
出来る範囲で避けた方が良いという事ですね。


そして調節に入ります。

15-4-5-3.jpg

隣にいる、ひなた君が眠そうです。

これって不思議なのですが、
小雨さんの時は近くにいたスザク君が

15-4-5-1.jpg

熟睡していました。

近くにいるワンコに波動が連鎖するみたいです。

先程のポリエルテルの件ですが、
以前、ドッグスキャンを受けたワンコのお話ですが、

冬なので、飼い主さんが暖かくしてあげようと、
フリースの毛布をベッドへ敷いてあげたら、
ベッドで寝なくなってしまって、
どうしたのだろう?っと思っていたそうです。

ドッグスキャンを受けて、
ポリエステルにアレルギー反応がでて
理由がわかったとフリース毛布を外したら
ちゃんとベッドで寝るようになったそうです。

明日は、ひなた君ですが、
実は月曜日はMAXで
仕事が入っていて余裕が無いので、
体験談はお休みさせて頂きます。

詳細は本日。

かれこれ10日程前に
「詳細は後日」というタイトルで→★
アップしていながら放置されていた件です。

少し長くなりますがお付き合いください。m(__)m

さて、チワンズはある事を体験させて頂きました。

15-4-4-1.jpg

それは、「ドッグスキャン」→★

紹介してくれた友人の簡単説明では
「宇宙飛行士さんが、宇宙で健康を管理するために
開発された機械」だそうです。

詳しくはHPをご覧ください。

最近、犬用のドックスキャンが開発され、
その体験をさせて頂きました。

こんな風に、胴体にヘッドホンを着けて
細胞の状態をチェック。
超音波が流れているらしい。

15-4-4-2.jpg
最初は落ち着きがありませんでした。

パソコンに小雨さんの細胞の結果が出てきます。

15-4-4-3.jpg

左の折れ線グラフは
本来の細胞のレベルと現在の細胞レベルが
グラフになってでてきます。

右の表は細胞レベルが下がっている臓器や組織です。
その中でもレベルが下がっている物が赤く表示されてきます。

小雨さんは色々と細胞レベルが下がっている箇所がありました。

例えば、尿管。
これは避妊手術前によく膀胱炎になっていたから?
他には、胆管。
小さい頃、ご飯を食べなくなって、私の師匠に診て貰った時に
「胆嚢と肝臓が悪い」と治療して頂いた事がありました。

今は症状はまったくありませんが、弱い個所が
予想通り出てきました。

その他諸々ですが、長くなるので、
細胞レベルが下がっている場所がわかったので
調整に入ります。

最初はあんなにソワソワしていたのに、
調整に入って少し経つと、

15-4-4-4.jpg

表情が変わりました。

そして、

15-4-4-5.jpg

眠くなってしまったようです。

ドッグスキャンは何かを治すという為では無く、
本来、もっている細胞の力を元に戻していくことで
結果、調子の悪かった場所が良くなっていく
まだ症状が出ていない未病も防ぐ可能性が
あるという為の物。


あくまでも私が思った感想です。

会社の方が
以前ドッグスキャンを受けたワンコのお話を
して下さいました。

そのワンコは感情の部分で
「飢餓への不安」というものがあったそうです。

その子は、過去に飼い主に虐待を受けて
保護されたワンコだったそうです。

「いつご飯を貰えるのだろう」という不安が
幸せな今でも何処かに残っていたのでしょうね。

その他にも左目が悪いが出たそうです。

飼い主さんのお話では、
ソファーへ上がろうをするとぶつかってしまうことがあって
ただのオッチョコチョイなんだろう
ずっと思っていたそうです。

でもドックスキャンで、左目の調子が良くないことが
わかって、虐待を受けていた時に右手で顔を叩かれて
左目の調子が悪くなっていたのかもしれない。と
いう事に気づかれたそうです。

普段、見ているだけではわからないことが
データとして出てくるのでしょうね。

あまりにも長くなってしまったので、

ひなた君とお友達のスザク君の体験の様子は
また後日アップします。m(__)m
プロフィール

こさたんママ

Author:こさたんママ
性別:女
生息地:川崎
職業:あん摩マッサージ指圧師

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR